ジューシーで健康? 魚介類を食べることから

世界的な名声と購入への容易なアクセスのために、シーフードは本当にイントロの多くを必要としません。それにもかかわらず、おりこの松島は、私たちのシーフードメニューで、私たちの定期的かつ将来のお客様をご案内します。確かに、あなたは彼らの柔らかく、ジューシーな肉を試してみたいが、あなたがそれらから得る健康上の利点を知っていれば、それはさらに良いです。

シーフードメニュー

このページでは、メニューに利用可能でベストセラーのシーフードをリストアップしました。また、各魚介類の説明と、その食品価値についても説明しています。

エビ

先進国(例えば米国や日本)で最も消費されるシーフードの一つ、エビは、それが明らかに提供されている(蒸した)またはニンニクバターで焙煎であるかどうか、ほとんどすべての人がよだれを作ります。さて、アレルギーのある人に謝罪します。

小、中、大、ジャンボ、巨大に至るまで、さまざまなサイズの味わいを楽しんでいます。とりわけ、彼らは栄養素が豊富です。彼らはカロリーが低く、主にタンパク質と水で構成されています。

異なるサイズには、リン、銅、鉄、亜鉛、カルシウム、カリウムなどのビタミンやミネラルも豊富に含まれています。これらの鉱物はすべて私たちの体を助けます:

  • 私たちの免疫システムと代謝機能を維持します。
  • 赤血球を形成, 健康な骨や筋肉をサポート;
  • 血圧を下げ、脳卒中のリスクを軽減する。

しかし, エビは、これらの健康上の利点を持っているからといって、それが無制限に取ることができるというわけではありません.一般的な原則として、バランスは甘い調和です。

うなぎ

私たちの外国人のお客様にとって、うなぎはロス(フレンズから)の「完全な自己認識」ではありません。淡水ウナギの日本語用語です。焼き、マリネ、揚げ物を使えば、織古野松島のうなぎが柔らかい食感と甘い味で常に出されることを期待しています。

ウナギを食べることは、月経痛を緩和し、皮膚の健康を改善し、さらには乳癌および認知症の可能性を減らすことができます。これは、カルシウム、マグネシウム、セレン、亜鉛、鉄と一緒に、その豊富なオメガ3脂肪酸のためです。しかし, 摂取量は、そのコレステロール含有量のために見守る必要があります。.

マグロ

英語ではクロマグロと呼ばれています。ここのレストランでは、マグロを寿司の形で提供しています。マグロは、アルバコア、キハダ、スキップジャックと一緒に、国内で最も高品質のマグロの一つです。

一般的に, マグロを食べることはあなたに心臓の利点を与えることができます, 血圧を下げます, 減量, 改善された皮膚, 強化された骨.Maguroはタンパク質、ビタミンB6、オメガ3脂肪酸の良い供給源です。

ああ、そして別のヒント:あなたは腹の部分を注文したいかもしれません、そしてあなたは理由を見るでしょう。

魚介類によるリスク

魚介類は有毒な化学物質や不純物を起こしやすいが、正しい農業や調理慣行では食用である。ここでは、私たちのダイナーで、私たちはあなたのテーブルの上に提供される清潔でおいしい料理を保証します。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *